Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリストと連絡取れず

『大幅な変化ではないが、やすりで執拗に削ったかのような痩せ方は、痛々しい』

これは伊坂幸太郎著「重力ピエロ」の中の一節である。



いつも防寒着で着膨れているキリストだが、
先日たまたま着膨れていないキリストの後ろ姿を見る機会があり
「随分痩せたな」と思った時に、この一節を思い出したのである。

こう描写された作中人物はその後癌で死ぬ。
だからと言って、キリストが死ぬとは思っていないが、
死んだらやだなという漠然とした不安が、私の心の奥底に冷たい石となって沈んだのだ。




そんなある日。
キリストから1通のメールが届いた。
「ヘルプ 電話下さい」
20130121.jpg




私には、やはりキリストから大変な状況を知らせるメールを受け取りながら
絵文字の使い方がふざけていたため急を要する事案ではないと判断しスルーしたところ、
キリストが雪のために農地から出られなくなっていたという
結構深刻な事態だった事が後に判明し慌てた、という過去がある。
Sx9G0.jpg


今回は絵文字すら使っていない。
いつもはCメールで来るのに、今回はEメールを送って来ている。
すぐに電話を掛けても繋がらない。
いつもとは異なる状況に私の胸中の石が疼いた。

死んでたらどうしよう。
雪の下敷きになっていたらどうしよう。

とにかく私は、社長がお昼を食べて友達との約束に出掛けた後
すぐに農地に向かうことにした。










農地に着くとすぐ車などを確認、
どうやらキリストは農地外には出掛けていないようだと判ったので
とりあえず鶏舎に向かった。
するとキリストが普通に鶏に水をやっているところだった。
声を掛けると「(・3・) アルェー どうしたの~?」ぐらいの反応。
私のこめかみで「ぴきっ」と音がしたようだった。

ヘルプってメール来てそれから電話掛けても出ないし、全然連絡来ないし、
どうしたのかと思って確認しに来た、と努めて冷静に答えると
「ああ~~やっぱり。俺のスマホおかしくなったんだよね~」だと。
きぃぃぃぃぃ~~~~~!!!

スマホがおかしくなって電話を掛けられなかったのは仕方がないかもしれんが、
あんなメールを送っといて放置、ってあまりにも無責任ではないのか。
不安を抱えていなかったとしても、状況がわからないと不安になるものだ。
あまりにも身勝手ではないのか。
お向かいのNPO法人サムリブさんに磨作業のための卵を届けた時に電話を借りて
私に連絡するなどいろいろ手はあったはずなのだ。
何もしなかったという事は何もする気が無かったという事なのだ!!!

とその場で責め立てたかったのは山々だ。
だがしかし、「死んだら困る」という思いが根底にある私は、
ここでダメージを与えるべきではないと判断し、
私がキリストのスマホを預かりAUショップに持ち込んで相談してくる事を提案し、
キリストもその案に同意した。すぐに走り出す私。
なんていい人なんだ、私!(冷静さを失わないために自画自賛)



AUショップでスマホの中を開けて貰ったところ、砂や泥、埃がびっしり。
それで接触が悪くなっていたんでしょう、と中を掃除してもらったところ
受信出来なかったメールや着信アリのお知らせがばんばん入ってきた。

精密機械を扱うような環境ではないところで仕事をしているので致し方ないところではあるが
携帯電話が不通になると陸の孤島になってしまうこともあるので、
これ以降、ノーザンノーサンでは防塵防水のスマホケースを採用することにした。
今のところ不具合もなく快適に使えているようである。
20130109.jpg


そしてキリストの気力・体力が回復し次第、
上記の「連絡が取れなかった場合の不適切な対応」に関して
じっくりと話し合わなければ、と私は考えている。











ええ、じっくりとね…












スポンサーサイト

循環型農業の取り組み

札幌の水産加工品製造販売の企業である佐藤水産株式会社さまと
キリストとの取り組みが新聞に取り上げられた。
8月27日の北海道新聞の朝刊である。

佐藤水産さまは石狩市にある魚醤工場で鮭醤油を製造されている。
ノーザンノーサンではその製造過程で出る絞りかすを利用して
ミニトマトの栽培や養鶏を行っており、生産されたミニトマトやイコロラン(鶏卵)は
佐藤水産さまで販売されている。
この鮭の有効利用や地域内の循環の形が評価されての今回の掲載ではないかと思う。

新聞記事詳細
※画像をクリックすると拡大します。

今後は地域内の循環のみならず、

  ひでぶトマト(割れたりなどして出荷出来なかったミニトマト)を
  鶏のおやつにする
     ↓   ↑
  鶏糞を発酵させ堆肥化し、ミニトマトに与える

という農場内有機物循環も出来るようになり(今はまだ鶏糞を発酵させている段階)
就農当初から考えていた「循環型農業」の形が徐々に組み立てられつつある。


記事は全道版での掲載であったため、多くの方々から「新聞見たよ!」という
メールを頂き、大変嬉しく、またありがたく思っている。

みなさま、ほんとうにありがとうございます!
ノーザンノーサンのモットーは
「真面目に。だけど、面白く」。
これからも初心を忘れることなく、安全で美味しい作物をお届けするべく
精進してまいります。今後ともよろしくお願いいたします!!








ただ、改めて記事を見ると
「キリストの目がなぜか伏目がち?」
「頭の青海波手ぬぐいは、ありなの?」
など反省点は山盛りだ。

すると、数少ないキリストの理解者であり
新規就農仲間である三笠市在住のN氏から
「それは聖骸布なのです」
というつぶやきを頂戴した。

なるほど!

そうなると早速聖骸布を見たくなり、画像検索をするカーサン。
すると、素晴らしいものを発見してしまった。

株式会社 LINK FACTORYさまの「聖骸布手ぬぐい」!!
20110904_02.jpg

「磔刑直後のキリストを包んだ布にその遺影が映ったとされる「トリノの聖骸布」を、
普段遣いに便利な手ぬぐいに。
通常の手ぬぐいよりかなり長めの330×1300mmサイズでとってもお得!(実物の約1/3サイズ)
使い込めば込むほど、実物に近い風合いが楽しめます。」
株式会社 LINK FACTORY(リンクファクトリー)さまブログより
という説明文に誘われ、即買いしてしまった。

早速頭に巻いてみた。
20110904_03.jpg


どうだろうか、みなさん。
いや、どうだと言われても困るだろうけれどもさ。
キリストが自らの亡骸を包んだ布を頭に巻く、という循環…
いや、こじ付けが過ぎるか…


と、とにかく、
これからも、真面目に面白い農業を展開して行きますので、
ノーザンノーサンと仲良くしてください。
よろしくお願いいたします!








キリストこぼれ話

キリストとカーサンは、同じバイク屋さんにお世話になっている。
札幌の「アメヤモーターサイクル」というお店で、
マニアの間では有名なバイク屋さんなのだ。

30周年記念のTシャツを、それぞれサイズ違いで持っているのだが、


ペアルックになることを恐れて、カーサンは着ていなかったのだ。

しかし、カーサンが農地勤務に戻り、
気温上昇の著しい昨今、滴り落ちる汗が夕方には冷えて、
風邪をひいては困るので、着替えがどうしても必要だ。
Tシャツを選んでいる余裕はなくなり、カーサンも
「ペアルックになる恐れのあるTシャツ」の封印を解かざるを得なくなった。
それでも「同時着用(ペアルック)」を避けるべく、洗濯物の様子を伺って
着るタイミングを見計らっていた。





先日。

イコロランに興味を持っている、という方をご紹介頂き、
キリストが商談のために出掛けて行った。
何でもキリストの高校時代の恩師からのご紹介だと言う事で、
失礼のないように(恩師の顔を潰さないように)と、
キリストは髭を剃って行った。
現場(農場)から直行したため、作業着のままではあったが、
比較的痛みの少ない「アメヤモータース記念Tシャツ」を着て行ったようだった。





キリストが戻ったので「どうだった?」と訊いてみた。
すると、開口一番
「いや、このTシャツ、随分首がきつくて、参った」
と言うではないか。

何言ってんだ?…と、言いかけたカーサンは、一瞬にしてすべてを理解した。

キリストの着ていたTシャツのタグでサイズを確認すると、
やっぱり「カーサンのTシャツ」!!!


着た時に違和感を感じて、疑うはずだと思うんだが、
キリストは、カーサンが同じTシャツを持っていることを知らなかったらしい。
それで着た感じがいつもと違っても「俺のではない」という考えは
毛頭浮かばなかったようなのだ。
そのまま小さいTシャツを着続けて、客先まで行ってしまったキリスト。

「どうすんのよ!俺、ずーっとピチTだったべや!!
なんかきついな~と思って、ずっと前屈みになって話してたべや!!」
と、カーサンに八つ当たりするキリスト。




キリストがピチTとな…。





どんなに八つ当たりされようと、その日一日、
カーサンは楽しかった。







Appendix

こんな私ですが。

ノーザンカーサン

Author:ノーザンカーサン
イチローが大リーグに行くとほぼ同時に北海道石狩市で新規就農したキリスト(旦那)と共に、悪戦苦闘してきました。イチローがヤンキースに移籍すると時を同じく平飼い・有精卵「イコロラン」の生産を始め、農地で鶏の世話をしております。ここまでイチローイチロー言ってますが、ファンという訳ではありません。
   

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

クリック募金

ありがたいアクセス

MAMBOな記事

カテゴリ

CATEGORIES

月別アーカイブ

    MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。