Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬と鶏

霊写真。












というのは嘘で、
これはガッツとノンキが鶏舎を覗き込んでいるのである。
鶏の鳴き声に狩猟本能が刺激されるようなのだ。
20111007_3.jpg



鶏舎の外側をぐるりと板で覆っているため、獣の侵入は防げている。
鶏は身の危険を感じることなく毎日過ごせてはいるが、
20111007_5.jpg



そうまで覗き込まれると
こいつらの「野生」が覚醒しているのを感じざるを得ない。
(しっぽにご注目!)
20111007_4.jpg



実際、ガッツは農地でネズミを何匹も「処理」してくれている。
住宅街を散歩中も、スズメや鳩を(ry


猫は小鳥やネズミを捕らえて喰らうようだが、犬は「狩る」のが目的なので
それを喰う事はしないようだ。
万が一鶏舎に侵入された場合、被害が大きくなるのは猫よりも犬の方だと言う。


次々に「狩る」からだ。






最近、父や母から、父母が子供だった頃の話を聞く事が多い。
お互い歳をとったという事なのかも知れないが、
戦後の昭和の話をしみじみと聞くのは私も面白いし、
平成生まれの社長にとっては
絵本の中の昔話を聞くような趣があるようだ。
父の武勇伝などもいろいろあるが、それはまた後日ご紹介する機会もあろう。

そんな話の中で、
「昔は家で動物をいろいろ飼っていて、世話をするのがオレの役目であった」
と聞いた。その時代、大抵の家に犬や猫は勿論ヤギや馬もいたらしいし、
鶏も庭で放し飼いをしていたそうだ。

そこで当然の如く疑問が沸きあがる。
犬や猫は鶏を狩らなかったのか?ということである。
しかしそこは不思議と大丈夫だったらしい。
最初から共に暮らしていると「獲物」ではなく「仲間」という意識が働くようだ。

更に父の家ではこんな面白い事があったそうだ。

なんでも、父の家の雄鶏と隣の家の雄鶏は仲が悪かったらしい。
放し飼いをしているので顔を会せる事がしばしばあったようで、
その度に雄鶏同士の喧嘩が始まるのが常だった。
しかしながら、父の家の雄鶏は隣のと比較すると体も小さく
いつも劣勢に追い込まれていたらしい。
やばげな鳴き声(悲鳴?)が聞こえてくると、
父の家の犬が現場に走って行き加勢をするのだそうだ。
犬対雄鶏では、さすがのお隣鶏も敵うはずも無く
(ここでも犬は、隣の雄鶏を殺しはしない)
「覚えてろよ!!」という形で喧嘩は終了、
犬は悠然と帰宅、その後ろを雄鶏がとぼとぼとついて帰って来たそうである。





なんとも心和む、昭和の話である。







スポンサーサイト

柴とドレッド

ノーザンノーサンにパートで来てくれている
現役DJ、ドレッド立石君。(以下、DJ TATE)

「ドレッドヘアの男」というと、

スノボの國母選手(石狩市)

オリンピックで腰パン騒動

「サーセンw」的な謝罪で更にバッシング

を思い出す人もいるだろう。

しかし、DJ TATEはそんなイメージを払拭する好青年だ。
そんなヤツのところに柴犬の女の子がやって来た。

やって来たばかりの頃。↓



現在↓ なかなかな美人ちゃん。名前は「サティ」。
DJ TATEがすっかり親ばかになっている事を、
ピンクの首輪に垣間見る事が出来る。
20110428_2.jpg

「4/30にRAJARAMが札幌来るんすけど、俺、行かないんですよ。
もう独り身じゃないんで」だそうで、
すっかりサティちゃん中心の生活にシフトしたようだ。
サティちゃんはそんなヤツに貰われて幸せものだ。


早速ノーザン家の犬とご対面。
だが、ガッツはすぐに興奮するのでちょっと心配。
ここは最も信頼のおけるジェントルマン・タロちゃんが代表してご挨拶。

ボーイ・ミーツ・ガール。

サティ「よろしくね。あたし、サティ!」
タロウ「よ、よ、よろしくっす。自分、不器用ですから…」
20110428_3.jpg



タロウ「ささっ!」(←どぎまぎして一度隣の部屋に逃げる)
サティ「あ!タロウさん?待って~」
20110429_4.jpg



タロウ「自分…、不器用ですから…。ウクレレえいじです…。」
サティ「まあ!面白い方ね、タロウさんったら!」
20110428_4.jpg


ノーザンノーサンの犬ライフが、ますます充実しそうな予感




シンクロナイズド睡眠グ。

同じ時期に生まれ同じ日にノーザン家にやって来たガッツとノンキ。
兄弟かと思われるほど、仲が良くいつも一緒だ。

寝ている姿が同一な事があまりにも多くて大変面白いため、
今回は「シックロナイズド睡眠グ」と題して
同じポーズ画像を集めてみたぞ。
親父ギャグなタイトルに関する突っ込みは不要だ。




2009年夏。
まだ幼さが残るガッツとノンキ。
20090910_3.jpg

そして同じポーズ。
20090910_2.jpg

更に同じポーズ。
20090910_1.jpg

2009年秋。大分大人っぽくなってきている。
ノンキの親父顔www
20091116_2.jpg

やっぱり、同じポーズ。
20091116_1.jpg

2010年夏。
暑いらしいが、同じポーズ。
20100718_3.jpg

シンメトリーもあるよ。
20100718_2.jpg

今年の春だ。蛹が2個。
20110429_1.jpg

ほらね。同じポーズ。
20110429_2.jpg

スパイダーマン?同じポーズ。
20110429_3.jpg

Twitterの方で先行公開した画像。シャネルのマークに酷似。
20110426.jpg


…と、言うわけだ。私は大変満足した。
この2人の間に埋もれて昼寝する幸せよ。





Appendix

こんな私ですが。

ノーザンカーサン

Author:ノーザンカーサン
イチローが大リーグに行くとほぼ同時に北海道石狩市で新規就農したキリスト(旦那)と共に、悪戦苦闘してきました。イチローがヤンキースに移籍すると時を同じく平飼い・有精卵「イコロラン」の生産を始め、農地で鶏の世話をしております。ここまでイチローイチロー言ってますが、ファンという訳ではありません。
   

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

クリック募金

ありがたいアクセス

MAMBOな記事

カテゴリ

CATEGORIES

月別アーカイブ

    MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。