Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満たされるという事

ある日の事です。

カーサンが所用で出掛ける事になりました。
時間的に余裕が無いのでキリストと教祖の晩飯を作れません。
「ああ、いいよ。俺ら久々に焼肉行くから」とキリスト。
カーサンは焼き肉などを好まないので、出来れば行きたくないのです。
キリストと教祖が二人で焼肉に行く事はお互いにとっていい計画でした。



翌日。
教祖に「焼肉美味しかったかい?」と訊くと
教祖は「うん!」と脳裏に焼肉の映像が蘇って来たかのように
眼を輝かせて答えるのでした。
「すっごく美味しかったんだよー!いっぱい食べた!あのね~~・・・」
と、ぽろりと会計の金額をこぼす教祖。
「あ!!しっ、しーっ!!」と慌てるキリスト。
でも時すでに遅し。
教祖の口からこぼれた金額は音波となって私の鼓膜を震わせ、
二人分の食事代としてはあまりに高額な数字により
私は目ん玉飛び出て西川きよしになりました。



ありがとうございます!!!
キリストの活力はノーザンノーサンの活力。
あなたが元気でないとノーザンノーサンの元気もなくなります。
あなたが満たされていてくれなくては美味しい作物が出来ないのです。
年に一度あるかないかの事じゃないですか。
隠さなくたって、私は何も言わないわ。あなたーん!
キリストさまと教祖さま、二人の満足がこの世を満たすのです。
良かった良かった!!私は嬉しい!!!




そして、私の心の充足はすなわちノーザン家の充足。
私の心の平穏なくして、平和な家庭は築けません。

はい。買わせて頂きました。
これからもみんな仲良く暮らしましょうねー!あなたーん!!
P1090242.jpg






スポンサーサイト

虫になる、ということ

「君もこれを飲んだらいい」
「効くの?」
「効くよ。じわじわ湧いてくるんだ・・・」

と、キリストから勧められ、エスカップを服用し始めた。

ミニトマト収穫繁忙期。
夕方になると体力を使い切り、家に帰りつき、
卵の発送などを終えるともう何も出来なくなる、
そんな日が続いていたある日のことだ。

確かにドリンク剤を服用すると夕方の体力の残量に差はあるようだ。
ドカンと元気が出る訳ではないが、ドカンとくると逆に危険を感じるから
これでいいのだろう。
昼休みに飲むと効果は夜まで持続し、晩ご飯から後片付けまで
なんとか体力が持つようになった。

効くものなのだな、と思うと同時に
「ああ、こうやってのりぴーも・・・」という思いもふとよぎる。
ドリンク剤と覚醒剤を並列に考えること自体、飛躍も甚だしいのだが、
しかし「旦那に元気が出るよと勧められ、
試してみたらマジでキタコレ!」って流れは
恐らく共通なのではないだろうかと推察するのだがいかがだろうか。
私だって、このまま服用を続けると効果を感じなくなり
いずれはユンケルに手を出さぬとも言い切れぬ。
エスカレートしていくのだ。
耐性が出来てしまい、物足りなくなるのだ。

そしてふつふつと怒りに近い感情も湧いてくる。
こうやって、絞りつくしたラミネートチューブの歯磨き粉の
最後1回分をしごいて絞り出すかのごとく
体力を絞り出して働いても食っていくのがやっととは!
美味しいものを提供するために自分達はそうめん連打、
もしくはコンビニ弁当、なんとか飯を作るにもドーピングが必要な
この日常は正しいのか。
毎年恒例、紺屋の白袴。
何がいかんのだろうか。
農業を取り巻く環境か。
日本の経済システムか。
自分たちの非効率なやり方か。
いずれにしろ、
農産物がフェアトレードされていないのは確かではなかろうか。


政府に搾り取られた税金をあらぬ方向にじゃぶじゃぶ使われ
足りなくなったからまた税金上げるからよろしく!って言われてもなあ。
自分の払った税金を「こういう事に使ってね」って、
支出の方向を指定出来るようにならぬものか。
だったら喜んで払いますってばよ。

そうは言っても目の前の色づいたミニトマト、
値崩れしてるとはいえ採らぬ訳にはいかぬ。
どーすっかな。今日も麺だな・・・




これがある日のミニトマト収穫中の私の脳内。
収穫作業は色に反応して反射的に採っているので
脳内ではあらゆる方向に思いを飛ばしている。
キリストから「虫のように毎日食って働いて寝てればいいんだ」と
言われているが、どうしても要らぬ考えが浮かんでは消える。

キリストは
「自分で作り上げてしまったシステムに乗っかって日々動いているだけだ。
毎日がデジャヴのようだ」と言いながら
本当に毎日食って働いて寝ている。
虫の域に到達したんだな。ある意味尊敬出来る。

虫の息でもあるがな。





ビバ!中学校ライフ!!

教祖様、初めての「中学校の夏休み」突入!

「荒れている」という噂が流れていた中学校だったので
入学当初はかなり緊張しながらの通学だったが、
今ではすっかり中学校生活をエンジョイしているご様子である。
この数か月を振り返ってみるぞ!




その1
前髪が伸びてくるのが邪魔でたまらない教祖。
自分ではさみで切っていたんだが、はさみを横に入れて
いわゆる「ぱっつん」型にしてしまうのだ。だせえ。
P1070850.jpg

それをクラスの女子に見咎められ
「それ変だよ?」「なんでそうやって切っちゃうかな」「変!!」
「絶対おかしい」などと総攻撃を受けたらしい。
集団の女子、怖えぇwww

しかしその中に「はさみを縦にして切ったらいいよ」というアドバイスもあり、
実践しているようである。結局ぱっつんになってるけどな。

青春の1ページ。



その2
教祖から新たなクラスメイトと遊び行っていいかと打診があった。
ご近所のプール&温泉施設に5人で遊びに行くという。
もちろん行って構わんのだが、計画表を提出しきた。
いいのに!計画表なんていいのに!!
P1090102.jpg

ご学友の手書きなんだが、これを人数分書いて配ったんだなあ。
めんこいのうめんこいのう。

計画当日の朝、「今日は混雑が予想されるため出発時刻を早めます」という
電話が来ていたぞ。しっかりしとるのう。めんこいのう。

・・・・・・・・・・・・・

夕方。遊び倒した満足げな顔で帰って来た教祖様。
どうだった?と訊くと、よっぽど楽しかったらしく話し出したら止まらない。

初めての私服での合流、ファッションに興味の無いやつ(教祖含む)を
オシャレな奴が驚いたような顔をして見ていたとか。
5人中3人は珍毛が生えていたなど、いらん情報まで入手してしまった母である。

だが、普段の生活では見えない部分を見て友情を深めたようだった。




その3
学校でアホ男子がシャツをめくりあげて腹筋自慢などをしていたので、
教祖も混じって筋肉を見せたらしい。
教祖は陸上部で下半身を鍛え上げられ、
休みの日は農地で肉体労働に従事している。筋肉にはちょっと自信があるのだ。
(ジンバブエ・ジャナグルの先生からも「マッスルだね」と言われていたw)

教祖のクラスメイトが教祖の筋肉を見たところ
「あれ!?地味にある・・・」「教祖なのに・・・」
と驚きを隠せなかったようだ。小柄で細身だから筋肉のあるイメージが無かったんだろう。
だが脱いだらすごい、というところを見せてきたようだ。

そしてついたあだ名が「フリーザ」。(ドラゴンボールのキャラ)
ちびでマッチョだからだそうだ。
フリーザと呼ばれると教祖はおねえ言葉で返しているようである。

楽しそうで何より。







Appendix

こんな私ですが。

ノーザンカーサン

Author:ノーザンカーサン
イチローが大リーグに行くとほぼ同時に北海道石狩市で新規就農したキリスト(旦那)と共に、悪戦苦闘してきました。イチローがヤンキースに移籍すると時を同じく平飼い・有精卵「イコロラン」の生産を始め、農地で鶏の世話をしております。ここまでイチローイチロー言ってますが、ファンという訳ではありません。
   

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

クリック募金

ありがたいアクセス

MAMBOな記事

カテゴリ

CATEGORIES

月別アーカイブ

    MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。