Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世の中、まだまだ人情に溢れているじゃあないですか

世の中、不景気だの新型インフルエンザだの覚醒剤だの殺人だの、
あまりに負の空気が蔓延していないか。
殊更に取り上げられているのかもしれないが、
このまま生きて行けるのか、不安になる事だらけだ。

しかし、自分が身を置いている日常の中では、
まだまだ温かな人情で溢れている。

先日告知しっぱなしだった「石狩まるごとフェスタ2009」。
頑張りましたよ。ええ、頑張りましたとも。

初日、トーサンと交代で販売に当たったカーサンと社長。
社長はこの仕事はもう何年も携わっているベテランなのであるが、
最近芽生えた「自意識」が邪魔をし、なかなか元気に「いかがですか~」などと言えない。
そうだろうね。そうだろうとも。酷な事をしているのかも知れん。
しかし、社長を預ける当てもないノーザン家。
長時間1人にしておくのも心配なので、一緒にここでトマト売ってるしかないんだよ。

そんな中、社長のためにヤクルトやコーンを差し入れてくれる人多数。
なんてありがたいんだ!
社長は後ろでコーンなどを食べちょっと元気になっていた。

カーサンは隣で売っていたかぼちゃの試食が超気になり、
もう少しで販売終了となる時間に「あの、少しかぼちゃの試食をしてもいいですか?」と
思い切って訊いてみたところ「食べなさい食べなさい」と快く試食させてもらった。
それがすっげー旨いの!!4回もおかわりをしたぞ。
挙句でかいタッパごとかぼちゃの茹でたの貰っちゃった!
ありがたや~!!カーサンはこの時点で大満足!!


当日の販売時間が終わり、「ご苦労様!」と社長にサービス。
カキ氷と、おもちゃの剣。
20090822.jpg

しかし、こんなんじゃあ、明日も一緒に連れてくるのは酷だろうなあ。
と思っていたが、救いの手を差し伸べてくれたのは幹弥のお母さん!
「きっと1人だったからじゃない?幹弥が一緒だったら頑張れるんじゃないかな?」と
幹弥を派遣してくれた!
更に「今日宝篤と遊びたいんだけど」と連絡をくれたナルト友達。
「お祭りでトマトを売らなきゃならないから遊べないんだ」と言うと、それならと
トマト売りを手伝いに駆けつけてくれた。
20090823.jpg
トマトボーイズの結集だ。
まあ、彼らにとっては販売も遊びの一環なんだろうけど、こちらとしては
社長が手伝いを楽しんでくれるようになるだけで本当にありがたい。
後半、ボーイズは祭り会場に放牧され、屋台を見て回って遊びに徹していたけれど
社長が1人ではないという、それだけで安心出来るのだ。
社長の友達は勿論、出してくれたお母さん方にも感謝!

そして、急な告知であったにも関わらず、ブログを見て駆けつけてくださった
お料理上手な太村さん!う、う、嬉しい!!
なんてありがたいんだ!

このお祭り二日間だけでも、こんなにいろんな人から優しい手を差し伸べてもらっている。

毎日の生活の中では、もう書ききれないほどの恩恵をいろんな人から賜っているのだ。
子供に社会的な繋がりを出来てくると特に感じられる。

ひとりで生きてきたような顔をしている輩でも絶対にいろんな人のお世話になっているもんだ。
世の中はまだまだこんなに温かなのだ。

ってか、ウチがお世話になりすぎなのかもしれんが。
スポンサーサイト

またまた緊急告知!石狩まるごとフェスタ2009開催!

8/22(土)、23(日) の二日間、
「石狩まるごとフェスタ 2009」
が開催され、
ノーザンノーサンのトマトも販売します!

「石狩まるごとフェスタ2009」の詳細はこちらからどうぞ。

もうちょっと早く告知出来んのか!と自分でも思います。
どうぞつっこんで。でも、仕方がないの。いっぱいいっぱいだから。

今夜も家族総出でトマト詰め。
社長も遊びたかろうに「手伝ってあげてもいいんだよ」なんて不用意に
発言したものだから、じゃあ袋にシール貼って。と山ほどシールを渡される羽目に。

一生懸命すぎて、写真も撮ってる余裕なし。

お近くの方、どうぞ見にいらして。
23(日)には社長とトマトの売り子に立つ予定。
またまた社長のご学友に声を掛けて販売促進を狙うカーサンなのだ。

metamorphosis and growth

先日、ノーザンノーサンのトマトを素晴らしい料理の腕で
見事に変身させて下さった太村さんのお話をご紹介した。

それに関連付ける訳ではないが、
自然界での「変身」ネタを入手したのでご紹介しようと思う。






20090807_01.jpg
蝉の抜け殻。

社長が通う児童館の向かいの雑木林で発見したんだそうだ。
本当に抜け殻だ。背中がぱっくり割れている。ここから脱いだのか。
実はカーサン、蝉の抜け殻本物見るの初めてなのさ!

見事なものだ。

しかし、一般的に蝉は、
幼虫で7年間土の中にいて羽化してから2週間の寿命だと言われている。

蝉に人間的な小難しい思考力があったら、
「俺は何のために生まれたのか」
「俺は、どこから来てそしてどこへ行くのか」
などと余計な事を考えてしまいそうだ。

しかし、蝉はそんな事は考えず、ただ鳴き卵を産んで自分の生を全うするのだろう。
蝉のその個体の寿命は儚いが、そうやって種としての生を紡いで行くのだ。
個の欲など一切無い。潔い生き方だ。



20090807_02.jpg
おたまじゃくしが蛙になりかけている変身途中の姿。

可愛いぞ!カーサン、こんなジャストタイミングの姿初めて見た!!
感激だ!!

大人になりかけの思春期の子供、的な時期かもしれない。
水から出て、世間に飛び出す瞬間ってとこか。
親としては暖かく見守ってやらねばなるまい。

ノーザンノーサンの農地には蛙が沢山いるのだ。
小さなアマガエルがミニトマトに乗っているところなど、見た事があるが
大変可愛いのだ。


**********************************************************************


変身ではないが、同じく変化が著しい「成長」部門のご紹介。


20090807_03.jpg
ノーザン家に来たばかりのがっつ。
こんなに可愛かったのだ!すっげー可愛い。まゆ毛のきりっとしたとことか、超可愛い!
体も真っ白だったのだ。

20090807_04.jpg
こちらも来たばかりののんき。
ちょと気弱そうな所は今と変わらず。毛の色がきれいだ。
がっつの後ろに隠れるようにしていたものだ。ああ、可愛い。可愛くてしかたがない。


20090807_05.jpg
それが今ではこんなに大きくなった。
木の枝や骨ガムなんかをあげるとき、ちゃんと1人に1つずつあげているのに、
のんきは自分の分をすぐに放棄して、がっつのを奪おうとする。
挙句いつもこんな風に「齧り引っ張り」の勝負になる。
のんきの方が執着が強いのか、がっつの諦めが早いのか、
齧り引っ張りはのんきが勝つ場合が多い。

20090807_06.jpg
基本的には仲はいいんだけどね。

鶏が来た暁には、番犬として農地に駐在してもらう事になっているが、
果たしてカーサンは家に犬がいなくなる事に耐えられるだろうか。
社長が大きくなってきた今、愛情のはけ口ががっつとのんきなのに、
2人がいなくなってしまったら、カーサンは何を愛して生きていけばいいの!?
ああ、蝉のように潔く生きて行きたいと思うのに、煩悩ばかり。

20090807_09.jpg
そもそも、こいつが早くおおきくなるから悪いのだ!
社長だってこうだった、小さくて可愛かったんだよう!
小さい頃から根性はあって、自分よりも大きなキャリーを必死に押して歩いたもんだ。
ほっぺがおもちのようで可愛かったのだ!


20090807_08.jpg
なのに、今はこうだもね。




Appendix

こんな私ですが。

ノーザンカーサン

Author:ノーザンカーサン
イチローが大リーグに行くとほぼ同時に北海道石狩市で新規就農したキリスト(旦那)と共に、悪戦苦闘してきました。イチローがヤンキースに移籍すると時を同じく平飼い・有精卵「イコロラン」の生産を始め、農地で鶏の世話をしております。ここまでイチローイチロー言ってますが、ファンという訳ではありません。
   

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

クリック募金

ありがたいアクセス

MAMBOな記事

カテゴリ

CATEGORIES

月別アーカイブ

    MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。