Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーサンの勝手に映画日記・第1弾~「ようこそ、羊さま」

カーサンは実は映画好きである。
なので、観た映画の記録も兼ねて「カーサンの勝手に映画日記」を
始めて見ようと思う。

記念すべき第1弾の作品はこちら。

「ようこそ、羊さま(原題:好大一対羊)」(2004/中国)



舞台は雲南省のとある村。
雑草でさえ育たないような過酷な環境で細々と生活している老夫婦がいた。
ある日、県の役人が視察にやってきて村の貧しさに驚く。
鍋に芋が蒸かしてあるのを見て、「これは何に使う?」と問う役人に、
「食べるのです」と答える夫のターシャン。
役人には人間の食べ物だとは思えなかったようだ。

そこで役人は、夫妻に羊二頭を送ることにした。
テストケースとしてこの二頭を無事に育てて増やし、
うまく行くようなら村の事業として成り立たせようと考えたのだ。

しかし、送られたのは外国産の高級羊。
育て方も餌も何もかも勝手が違い良く判らないので、老夫婦は困惑する。
しかし、失敗すると役人の顔を潰す事にもなるし、村の事業の可能性も潰す事になる。
どうしても失敗する訳にはいかない。
ターシャン夫妻は、羊が風邪を引かないように家の中に柵を作り、
部屋の雰囲気を明るくするために赤の紙を壁に貼り、
身体にいい食物を食べさせたり、あれこれと気を遣う。

しかし、雑草さえもろくに育たない過酷な土地である。
羊は徐々に痩せ始めて行くのだったが…。

(写真は『CINEMA TOPICS ONLINE』から拝借しました。)



以下、カーサンの感想です。
ネタバレありなので、興味を持った方で結末を知りたくない方は
ここからは見ないで下さい。

続きを読む

スポンサーサイト

快適さの追求と機能の低下

「のび太はもともとはやれば出来るヤツだった。
だが、ドラえもんの存在がのび太を堕落させた」

私はこの事実を社長に教えられた。

のび太は自らの努力を放棄してしまったのであるが、
ドラえもんに頼むとあらゆる事が解決してしまう状態では、
どうしてのび太を責められよう。

もっと便利に、もっと快適にと求めるのは人間の本能だ。
その追求心が文明をここまで進化させてきたのだ。

しかし、文明の進化は両刃の剣。
お陰で人間は脆くなった。ところもあるのは否めない。





なぜこんな事をおもむろに書き始めたのか。
それはカーサン自身が己の肉体に「機能低下」の部分を認めたからだ。

ご存知の方もいるかと思うが、今カーサンは外部民間企業に出稼ぎに出ている。
そこの事務所にあるトイレが「和式」なのだ。
カーサンが子供の頃はむしろ和式のトイレの方が一般的であり、
学校も自宅も和式のトイレだった。
しかし、生活の洋風化が進み、トイレは洋式が一般的になって久しい。
もう20年以上も洋式しか使ってないんじゃあないだろうか。

それなのにここに来て、いきなり「和式」。
これが使いづらいったらないのだ。
なにしろ、

和式のトイレの放射許容角度は30°にも満たない。
この狭い範囲に正確に放出しなければならないのだ。
これが思ったよりも難儀なのだ。

20091116_5.jpg
対して洋式トイレは全方向OK!
上向きでさえなければ、なんの緊張感もなく放出出来る。なんと楽な事よ!

和式しか知らなかった幼い頃は、それでもなんの緊張感もなく
正確に許容範囲に放出出来ていたはずなのだ。
しかし、毎日のこの緊張感。
ちょっと気を許せば軌道が逸れて「土俵を割る」ことになりかねない。
うう~む。

洋式の「全方向OK!」の快適さに慣れきってしまったカーサンは
和式の「制限」が窮屈になっていた。
これが「機能低下」ではなくてなんだと言うのだ!!




…という話を実家に里帰りした際に、ノーザングランドトーサン&カーサン
(つまりカーサンの両親)に切々と訴えた。
するとグランドトーサンが深く頷き答えてくれた。

「判る!判るぞ、その気持ち。
いや、俺もあったもの。便器の範囲が判んないんだよな!
俺の場合は前後の範囲だけどよ…」

えっ!
お父さん、あなたが和式のトイレに入る時、それは大を催していたと言う事!
そして前後の範囲を把握しきれずに引き起こされる惨事とは…!!





社長とトーサンのせいで(←責任転嫁)下ネタが続いてしまった。
ちなみに便器の写真はこちらから拝借した。

http://wakase.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-3321.html
http://pixta.jp/category/トイレ・バス・洗面所?;page=1

最近の社長

交通事故からもインフルエンザからも無事に立ち直り、
今は元気な社長である。

その1

なんか老成している雰囲気があるとはいえ、現役の小学2年生。
基本的に陽気でいつも1人で何かを勝手に話しているか歌っている。
先日も機嫌の良い歌声が聞こえていた。

「あ~はあんこのあ~♪い~はいんこのい~♪」

50音順に「んこ」をつけて歌うと言う内容の無い歌だが、
当然「う」や「ち」の時はボルテージが上がっている。
ああ、こいつも正しい小学男子だ。と感じたひと時だ。
しかし、この歌の原案を考えたのが不惑を過ぎたトーサンである事実は捨て置きならん。

20091108_1.jpg
↑犬に仲間だと思われている社長。

その2

社長の面白さは、アドリブにあり!

先日車の中で、社長にいくつかのキャラ分けをしてもらい、
相応しい言葉を言ってもらうゲームをしていた。
セリフは全て咄嗟に考えて言うのだが、それがとても面白かった。

母「では行きます。真面目なほーちゃん!」
社長「宿題やらなきゃ!」

母「悪ボン(悪ボンズの意味)なほーちゃん!」
社長「おクソおばば!」

母「やんちゃなほーちゃん!」
社長「かけっこしようぜ!」

母「真面目なほーちゃん!」
社長「算数大好きです!」

母「悪ボンほーちゃん!」
社長「なんだってんだよう!」

母「やんちゃなほーちゃん!」
社長「転んで血が出たよう!」

母「さわやかほーちゃん!」
社長「…えっ!?」
母「さあ!さわやかほーちゃん!どうぞ!!」
社長「…フ、フルーティー!!」

フルーティーか。確かにさわやかだ。間違いない!
流石です。社長。
20091108_2.jpg
↑やんちゃを体現。

Appendix

こんな私ですが。

ノーザンカーサン

Author:ノーザンカーサン
イチローが大リーグに行くとほぼ同時に北海道石狩市で新規就農したキリスト(旦那)と共に、悪戦苦闘してきました。イチローがヤンキースに移籍すると時を同じく平飼い・有精卵「イコロラン」の生産を始め、農地で鶏の世話をしております。ここまでイチローイチロー言ってますが、ファンという訳ではありません。
   

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

クリック募金

ありがたいアクセス

MAMBOな記事

カテゴリ

CATEGORIES

月別アーカイブ

    MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。