Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンクロナイズド睡眠グ。

同じ時期に生まれ同じ日にノーザン家にやって来たガッツとノンキ。
兄弟かと思われるほど、仲が良くいつも一緒だ。

寝ている姿が同一な事があまりにも多くて大変面白いため、
今回は「シックロナイズド睡眠グ」と題して
同じポーズ画像を集めてみたぞ。
親父ギャグなタイトルに関する突っ込みは不要だ。




2009年夏。
まだ幼さが残るガッツとノンキ。
20090910_3.jpg

そして同じポーズ。
20090910_2.jpg

更に同じポーズ。
20090910_1.jpg

2009年秋。大分大人っぽくなってきている。
ノンキの親父顔www
20091116_2.jpg

やっぱり、同じポーズ。
20091116_1.jpg

2010年夏。
暑いらしいが、同じポーズ。
20100718_3.jpg

シンメトリーもあるよ。
20100718_2.jpg

今年の春だ。蛹が2個。
20110429_1.jpg

ほらね。同じポーズ。
20110429_2.jpg

スパイダーマン?同じポーズ。
20110429_3.jpg

Twitterの方で先行公開した画像。シャネルのマークに酷似。
20110426.jpg


…と、言うわけだ。私は大変満足した。
この2人の間に埋もれて昼寝する幸せよ。





スポンサーサイト

卵の生産 ~4/25 鶏舎内に敷料を撒く~

ガッツが興味津々のその訳は、
20110425_1.jpg



キリストが鶏舎内に、敷料のそば殻を撒いているのでした。
20110425_2.jpg



毎週2回、そば殻を撒いて床をふかふかにします。
鶏も居心地が良さそう。
20110425_3.jpg



そば殻はすぐにつつかれて餌にもなっている様子。
20110425_4.jpg



鶏はそば殻の上に糞をします。
そのままにしていてはベタベタになってしまうので、
その上に更にそば殻を撒くのです。
繰り返していると床は鶏糞とそば殻の層になり、段々厚みが増していきます。

↓これは旧鶏舎。
20110425_5.jpg

床面にロータリーを掛けて混ぜ込むと、発酵が進んで湯気が立ち上ります。
発酵鶏糞堆肥が出来るという訳です。
これはノーザンノーサンのミニトマトの栽培に使用出来ます。
今年第1弾のミニトマトには間に合いませんでしたが、
堆肥の発酵製造場を設置して有効利用していく予定です。






今後はカーサンが養鶏部門を担当する計画なので、
餌やりや敷料撒きをキリストから引き継いでいます。

しかし、鶏にとっては新参者のカーサン。
早速、雄鶏からキックの洗礼を受けました。
これがかなり痛い!
ですが、ここで怯んでは今後の作業に差し支えます!!
こっちの方が上だという事をその体に叩き込んでやらねば!!

攻撃してくる雄鶏は決まって同じヤツ。
この部屋のボスではないかと思われます。
こいつを絞めればレジスタンスはなくなるだろうと考え、
ボスにがっつりヤキを入れてやりましたところ、
次の日からは攻撃は受けなくなりました。

鉄は熱いうちに打て、ですな。



ちなみに隣の部屋同士の雄鶏の威嚇合戦。鏡のようで面白いです。
(携帯画像なので画像が荒れてて見難いですが)

[広告 ] VPS


向かって右側の雄鶏の勝ち!






ミニトマトの栽培 ~4/22 定植第1弾!編~ /続き

午前の部はこちら


さて、午後の部。
ひたすら植え続けます。
ずーっとこの姿勢を続けているので、やはり腰にきます。
20110422_05.jpg



トマトを運び、植え続けるドレッド・立石君。
ハウスの中にはDJである彼の選曲でBGMが流れます。
20110422_06.jpg



3時休憩もしっかり取って体力を回復させます。
おやつも大事なエネルギー源。食べ方は問いません。
20110422_07.jpg



今時期は陽が傾くとどんどん気温が下がります。
定植出来る時間は3時半ぐらいがリミット。
エンドが決まっているのでとにかく黙々とこなします。

さて、定植を終了させたら、今度はトンネルを作ります。
朝晩の冷え込みでトマトが凍死しては困るので、
ミニトマトを覆うようにトンネルのような小さなハウスを組みます。

まずはトンネル用のポールを配ります。
20110422_08.jpg



移動は駆け足で!機敏な動きです。
20110422_09.jpg



苗の両サイドにポールを差し込みトンネルを作ります。
後はこのトンネルの上にポリシートを被せて温かい空気で苗を覆います。
20110422_10.jpg



親ばかで恥ずかしいのですが、
今回社長を「エライ!」と思った事をご紹介させてください。

定植の作業は腰が疲れるし大人でも大変な作業です。
初めて作業をする社長も若いとはいえきついだろうなあと想像しました。
なので、「キツかったら無理しないで休んでいいからね」と伝えてありました。
「大丈夫!」と意気揚々と作業についた社長でしたが、
やはり続けていると辛くなってきたようです。それは見ていて判りました。
休んだら?と声を掛けようかと思っていたのですが、
その前に社長は「わし、ポットとか集める!」と、
苗を植え終わって空になったポットや、植え穴を開けてくりぬかれた
マルチの切れっ端を拾い集めては片付け始めました。

もう嫌だよう、と愚痴をこぼすでもなく
しかしこの作業はちょっと続けられない、と判断した社長は
では何が出来るだろうと考えて、自分でポット回収を始めたのでした。

指示されなくても状況を見て自分で仕事を見つけられたのもえらいと思いましたが、
この作業はもう無理だ、と判断して撤退した事も私は評価しています。
回収がある程度出来た後、また定植作業に戻っていましたが
それは一旦撤退をして腰を伸ばして体力を回復出来たからであり、
的確な判断だったと思うからです。

まあ、子供だから一時撤退も許される、ということもありますが。

なかなか頑張って働いた社長。
役員報酬は「とーちゃんとエアホッケーゲーム」でした。




Appendix

こんな私ですが。

ノーザンカーサン

Author:ノーザンカーサン
イチローが大リーグに行くとほぼ同時に北海道石狩市で新規就農したキリスト(旦那)と共に、悪戦苦闘してきました。イチローがヤンキースに移籍すると時を同じく平飼い・有精卵「イコロラン」の生産を始め、農地で鶏の世話をしております。ここまでイチローイチロー言ってますが、ファンという訳ではありません。
   

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

クリック募金

ありがたいアクセス

MAMBOな記事

カテゴリ

CATEGORIES

月別アーカイブ

    MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。