Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKBその後

いまやメンバーの誰かを見ない日はないほどの人気を誇るAKB48。





だがノーザンノーサンにおける「AKB」とは、
その人気アイドルグループでは決してない。

「あの看板」Ano Kan Ban)の事である。



初めて皆さんにAKB(あの看板)をご紹介したのは去年の夏であった。

20110820_2.jpg




その後、秋口には濁点が全て「ハート」を形どる、という進化を遂げていた。

20110927_1.jpg
20110927_3.jpg







その後、雪が深まったため路傍から姿を消していたAKB(あの看板)であるが、
今年3月、「貼り紙」として復活をしていたのを発見した。
写真は今年3月27日に撮影したものだ。
報告が遅れた事を先にお詫びしておく。


お店の人に怪しまれてはならぬと判断した私は、
社長にポーズを取ってもらい、「子供とドライブに来た観光客」を装いながら
例の貼り紙の撮影を敢行した。






特筆すべきは「ハートの濁点」が全て廃止されていた事である。

20120417_02.jpg








何故だ。



あれほど貪欲なまでにハートを希求していたのではなかったのか?
筆も折れよとハートを書き殴っていたのではなかったのか?
もっとハートを、もっとハートをと
飢餓すら感じたあのハートへの渇望はどこに行ったというのだ!?



人の心はこうも移ろいやすいものだったのか、と
半ば悔しささえ感じ始めた私の眼を捉えたのは、
やはりAKBの進化した貼り紙であった。

20120417_03.jpg




なぬぬ!?

20120417_04.jpg

今度は、濁点ではなく、石狩の文字の中にハートが組み込まれている。




これはもしや、表現のミニマリズム的進化ではなのか?
形態や色彩を最小限度まで突き詰めようとする最小限主義(ミニマリズム)、
眼前のこれは、ハートを「盛る」事から、「削ぎ落とす」作業を経た結果
到達した境地なのではないだろうか。


じゃあもっと削れるところあるじゃねえか。
と、思わないでもないが。






しかし、どうしてこのお店は「嵐」をひらがなで表記するんだろう?
新たな疑問が沸き起こる私や皆さんであった。









スポンサーサイト

雄鶏に蹴られると痛いの?

第2弾です。

Q2.「雄鶏に蹴られたら痛いの?」


正直に申し上げます。
これは誰からも質問されておりません。
カーサンが書きたいから書くのです。
こういうのを「自作自演」と言います。

え?「それは自問自答じゃないか」って?
んー。それでも良いかもしれないけど、
「自問自答」には自分の内面と向き合うっていうニュアンスが伴うので
今回はやっぱり「自作自演」が適しているかな。



そんな事はどうでもよくて、勿論回答は

A2.「すんげー痛いです!!」


まずはこの雄鶏の喧嘩の様子をごらんあれ。



この飛び蹴りを「不意に」「後ろから」喰らうのです。
かなりの衝撃があります。
一瞬何が起こったのか理解出来ません。
驚いて振り返ると、
首の周りの羽を膨らませて威嚇している雄鶏と眼が合います。

その瞬間、私は憎悪の感情に支配されます。


殺伐とした社会の一面が取り沙汰される昨今であっても、
人は、そうそう激情に飲まれることなく
過ごしているのではないかと思います。

しかし私は、威嚇している雄鶏を見た瞬間、逆上します。
とにかく私の方が強いのだと言う事を、
こいつの身体に教えてやらねばならん!!と
私には逆らってはいけないのだと思い知らさねばならん!!と
そんな思いが頭の中で黒々と鎌首をもたげるのです。

そして私はその雄鶏を執拗に追い回しては蹴り返します。
雄鶏は驚いて逃げ回り
「なにこのオバサン。俺何にもしてないのにストーカーされてんだけどw」
とでも言いたげな顔でコケコケ歩き始めます。
まあ、そのすっとぼけた顔の憎たらしい事!!

↓雄鶏の寝顔
20120407_2.jpg




しかし、そんな私でさえ、まだ優しいのです。
容赦のないヤツがノーザン家にはいます。





キリストです。





鶏の世話の仕事をカーサンがメインにやるようになってから
キリストの鶏舎入りの頻度が少なくなりました。
そんなある日、キリストが雄鶏に蹴られました。
恐らく攻撃をしてくる雄鶏は、
その部屋内のボス、または実力者と思われますが、
それをキリストは容赦なく皆の目の前でボコボコにしたのです。

その日から「彼」の立場は失墜しました。
皆から「あいつは弱い」という烙印を押され、雄鶏内でフルボッコにされました。
次に見たときの彼は、頭から血を流し小高い棚の上でじーっとしている
みすぼらしい姿でした。
地面に降り立つとフルボッコに遭うため、餌を食べる事も許されず
ただただ立っている事しか出来ないのです。

キリストは彼に「ブッチャー」という名を与え、別室に隔離しました。
今では別室で元気に過ごしているブッチャー。
しかし2度と人間を威嚇する事はありません。




たけき者もついには滅びぬ
偏に風の前の塵に同じ

平家物語ですな。










「ニワトリは飛ぶの?」

先日Twitter経由で鶏に関する質問を頂きました。
生産者と消費者との双方向の交流を大切に考えているノーザンノーサン、
頂いた質問には全力でお答えします!!


第一弾はこちら。
鳥取県米子市よしりん家のひろくんから寄せられた質問です。

Q1・「ニワトリは飛ぶの?」




Twitter経由で簡単にお答えはしたものの、全力でお答えしたとは言い難いので
改めてこの場でお答えをさせて頂きます。

A1・「飛びます!!」






普段は地面を歩きながらそばがらをつついたり、
そばがらに埋まって(砂風呂ならぬそばがら風呂)まったりとしている鶏達。
20120401_1.jpg





しかしご飯やおやつの時間になると鶏舎内は一変、殺気すらみなぎります。
そのような「切羽詰った時」、鶏は飛ぶのです。
ためしにおやつの野菜くずを投げ入れてみましょう。



ね!こんな感じ!!
百聞は一見に如かず。

この勢いで私の肩や腕に飛んで来て止まるヤツもいます。





ひろくん、質問をありがとう!!
これからもノーザンノーサンはあなたのご質問に全力でお答えしますよ!!












Appendix

こんな私ですが。

ノーザンカーサン

Author:ノーザンカーサン
イチローが大リーグに行くとほぼ同時に北海道石狩市で新規就農したキリスト(旦那)と共に、悪戦苦闘してきました。イチローがヤンキースに移籍すると時を同じく平飼い・有精卵「イコロラン」の生産を始め、農地で鶏の世話をしております。ここまでイチローイチロー言ってますが、ファンという訳ではありません。
   

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

クリック募金

ありがたいアクセス

MAMBOな記事

カテゴリ

CATEGORIES

月別アーカイブ

    MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。