Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vegemania.blog46.fc2.com/tb.php/132-1742a0e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とうとう初雪!

とうとう平地でも雪が降った。
辺りは大根おろしを撒いたかのように、湿った雪が積もっている。
一過性のものであり、このまま冬に突入することは無いのだが、
それでも「雪が降った」と思うと、ああとうとう…という思いは禁じえない。
トマトの色づきも遅くなり、収穫量も減ってくる。





まあ、そんな寒い日が到来したのであるが、
このような時に道産子は
「や~、なまらしばれるっしょ」と言っているに違いない、と
非ネイティブの方々は恐らく思っていることだろう。

しかし、
こんな言い回しは「否」なのだ。
そんな言葉遣いをする人は極めて少ないと思われる。
しかも「しばれる」とはキンと冷やされたジョッキの如く
ぴりりと冷え込んだ時にこそ遣われる表現なのだ。
今はまだまだ「しばれる」というには生ぬるい。

今の状況を代表的な北海道弁で言うなら
「なまら寒いな」
ぐらいのもんである。

これが同じ北海道でも、函館弁になると
「うだでさみぃで」
となる。
「VERY」を表す言葉が違うのだ。
ちなみにもうちょっと南下して津軽弁になると
「たんげさみな」
となる。

寒さにつられて思わず口にする感嘆句
(つーか、結局「とても」の表現の違いだが)
だけでもこうも違う。
方言って素晴らしい。

うだでさみぃ、の次は是非こう続いて欲しいものだ。
 「やんや、うだで寒ぃでやな。
  おらいで油いだわしくてストーブ我慢してつけでながったっけ
  かぜひいでまったでや」
 「わい、ストーブつけでながったってが!なんぼしわいのさ」
 「おめどごでは、は、つけでらんだが」
 「は、いっつから」

ああ、判る人にしか判らないでしょうね。
標準語に翻訳するとこうなります。
 「いやいや、とても寒いよね。
  私の家で灯油がもったいないと思って、ストーブを我慢して
  点けていなかったのだけれど、風邪をひいてしまったよ」
 「え~!ストーブ点けていなかったの?どれだけケチなのさ」
 「君の家では、もう点けていたのかい?」
 「とっくに!(点けていましたよ)」

…マザータン(mother tongue)は心を開放するね。
なんか発想が自由に広がっていくような気がするね。
最近何かにつけ函館弁で考えたり呟いたりするのが私のブームなのだ。




ところで雪の降ったこの晩、キリストが
「足元がスースーするね」と言っていた。
そうだね、と相槌をうちながらキリストの方を振り返ると、
下半身は股引のままである。

ズボンを穿きやがれ。そうしたら暖かいから。
20101027_1.jpg







コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vegemania.blog46.fc2.com/tb.php/132-1742a0e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

こんな私ですが。

ノーザンカーサン

Author:ノーザンカーサン
イチローが大リーグに行くとほぼ同時に北海道石狩市で新規就農したキリスト(旦那)と共に、悪戦苦闘してきました。イチローがヤンキースに移籍すると時を同じく平飼い・有精卵「イコロラン」の生産を始め、農地で鶏の世話をしております。ここまでイチローイチロー言ってますが、ファンという訳ではありません。
   

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

クリック募金

ありがたいアクセス

MAMBOな記事

カテゴリ

CATEGORIES

月別アーカイブ

    MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。