Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C130] おもしろそう!!

読んだことないのばっかりですが、おもしろそう!!今度読んでみます。
家族で読後感想を話すって、いいいよね~。
  • 2010-11-03 16:53
  • ゆかり
  • URL
  • 編集

[C131] 読んでみて!!!

おお、ゆかり!

是非読んでみて!!
まずは「週間 大海赫童話」のブログにアクセスしてみて!!
「クロイヌ家具店」は私が好き過ぎて仕方がない本なので
機会があったら読んでみて!!
近くに住んでたら貸すのに!!!
  • 2010-11-04 06:15
  • ノーザンカーサン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vegemania.blog46.fc2.com/tb.php/134-47ea0963
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

読書週間特集 その2・カーサンの好きな本

社長が本を貸してくれた。
ご学友から借りて読んでみたらなかなか面白かったので
母ちゃんも読んだらいい、ということだった。

その本は「魔法の話特集」のような編集で、
「アラジンと魔法のランプ」など魔法が題材の話をまとめた本だった。

読後、「母ちゃん、どうだった?」と社長に感想を求められ、答えに窮した。
ぶっちゃけ面白いと思わなかったのだ。
「私なら何を言われても大丈夫だから正直に言ってくれ。さあ、どうだったのさ」
と社長に促され、カーサンは素直な感想を述べた。

「怠惰な若者が偶然得られた魔法の力で金も女も手に入れる、という話が多くて
そういう安易な生活はかーちゃんは嫌だと思いました。
中に1つだけ魔法の力比べ的なお話があって、それはライバルの存在は時に
精進の動機付けになるということで大変面白いと思いました。」

…な、なるほどね!

と大人の対応をしてくれた社長に頭が下がった。




では、私が小学生の頃に面白いと思い、好んで読んだ本は何か。
以前にも書いたが、私は好きな本を繰り返し読む癖があるため、
好きだった本の記憶は鮮明に残っている。
こちらにご紹介しよう。



第1弾
「大どろぼうホッツェンプロッツ」シリーズ!

20101024_2.jpg
これは誕生日かクリスマスに私の両親が買ってくれたのがきっかけだったと記憶している。
挿絵がドイツっぽくて自分にとって斬新だったのと、子供が大人なみに活躍するのが楽しくて
わくわくして読んだものだ。これにも魔法は出てくるのだが、安易な使われ方ではないぞ。

あまりに面白くて「ふたたびあらわる」「三たびあらわる」は自分で探して買った気がする。

社長に「これも面白いから読んでご覧よ」と蔵書から引っ張り出して貸したついでに
自分でも読み直してみたが、変らずに面白い!!
3巻目、大どろぼうホッツェンプロッツは改心してどろぼう家業から足を洗うのだが、
でもじゃあ、今後どうやって生活しよう。まともな職業に就いた事ないからな…と悩む辺り
そうだよね、そんな負のスパイラルから抜けられない人のなんと多いことか、共感してしまうのだ。
昔は子供の立場で読んだものだが、今は大人の立場でシンパシーを感じる。
結局ホッツェンプロッツは堅気になるのだが、
読み直すことで自分の視点の変化に気付く時もあるのだ。

※ちなみに子供が大人と対等に戦う「チョコレート戦争(大石真著)」にもはまったなあ。
 子供と大人が対等に渡り歩くっていうのが自分の中ではポイントなのかしら?



第2弾
大海赫シリーズ!!

20101103_1.jpg
出会いは小学校の図書室で見つけた「クロイヌ家具店」である。
おどろおどろしいストーリーと挿絵で、恐怖心と戦いながら読んだ記憶がある。
とても怖いのだが、怖いだけではなくて、
白黒であるにもかかわらず表現の色彩が鮮明で美しく感じさせられるところや
挿絵が怖いながらもちょっと茶目っ気を感じさせるところなど
強く心を捕らえて離さない本なのだ。

大海赫氏は「幻の作家」「トラウマ作家」と呼ばれていたりして
やはり幼い頃に読んで強烈な印象を受けた人が大変多いようである。
絶版だった本も多くのリクエストを受けて復刻され、再び世に出た。
私も社長に読ませたくて復刻版を購入した。
他にも「ビビを見た!」「ドコカの国へようこそ」「ママが六人?」など沢山の作品が復刻されていて、
「クロイヌ家具店」しか知らなかった私も引き込まれるように読み耽った。

童話という括りでは無理があるのではないだろうか。
大人でも充分、いや大人だからこそ感じ取れる深さもあるように思う。
やはりもっとも好きな作品は、思い入れも多く何度も読み返した「クロイヌ家具店」だが、
思い入れの深さはまた別な場所に書くとして、新たに他の作品に触れられて私は大変幸せだ。
そんな幸せをみなさんとも分かち合うために、お知らせしたい事があるのだ。

大海赫氏は今でも現役で新作を発表されており、それがなんとブログで読めるのだ!!

是非一度アクセスしてみて欲しい。↓こちらからご覧頂けます。
   「週間 大海赫童話」


なんとmixiには大海赫先生のコミュニティがあって、
私はmixi経由で先生にラブレター(ファンメール)を送ってマイミクに入れてもらったモンね♪

ああ、クロイヌ家具店の作者の大海赫先生のマイミクになれるなんて
小学生の頃の私になんとか教えてやれないものか。





ああ、ああ、まだまだ好きな本は沢山あるのだが。

やっぱり良いものは時が経っても風化される事がないね。




コメント

[C130] おもしろそう!!

読んだことないのばっかりですが、おもしろそう!!今度読んでみます。
家族で読後感想を話すって、いいいよね~。
  • 2010-11-03 16:53
  • ゆかり
  • URL
  • 編集

[C131] 読んでみて!!!

おお、ゆかり!

是非読んでみて!!
まずは「週間 大海赫童話」のブログにアクセスしてみて!!
「クロイヌ家具店」は私が好き過ぎて仕方がない本なので
機会があったら読んでみて!!
近くに住んでたら貸すのに!!!
  • 2010-11-04 06:15
  • ノーザンカーサン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vegemania.blog46.fc2.com/tb.php/134-47ea0963
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

こんな私ですが。

ノーザンカーサン

Author:ノーザンカーサン
イチローが大リーグに行くとほぼ同時に北海道石狩市で新規就農したキリスト(旦那)と共に、悪戦苦闘してきました。イチローがヤンキースに移籍すると時を同じく平飼い・有精卵「イコロラン」の生産を始め、農地で鶏の世話をしております。ここまでイチローイチロー言ってますが、ファンという訳ではありません。
   

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

クリック募金

ありがたいアクセス

MAMBOな記事

カテゴリ

CATEGORIES

月別アーカイブ

    MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。