Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C698] 冬支度なんだね!

すごいなぁ。
ビニールハウスの冬支度って、そんな風にするんだね。
初めて知ったわ。
体力勝負の仕事ですな!
やり終えた後のすがすがしさが、ちょっとうらやましいです。

ラック兄弟もぬくぬくと冬が越せそうですねぇ。
ところで、鶏って冬眠しないよね?!
やっぱり、鶏小屋はぬくめるの?
息子と二人で「こうじゃない?」「あーじゃない?」と話しておりますル。
ちなみに息子は「のーざんのーざんさんのブログ見せてよ!」
「カーサンノーザンさんのブログ見せてよ!」
「ん?」といじわるすると「同志んとこのブログだわ!」と怒ります(笑)
いつになったら「ノーザンノーサンさん」「ノーザンカーサンさん」といえるようになるんでしょ?(笑)
  • 2011-12-06 09:13
  • 木や
  • URL
  • 編集

[C699] 同志へ(^^♪

> 木やさん

いつもコメントをありがとう餃子います!
今回は同志へのレスですよ。
お伝えくだされ!ヽ(*´∀`)ノ

↓↓↓

同志よ、こんにちは。
カーサンノーザンですwww

鶏舎は特に暖めないのですよ。
ですが、鶏の体温でほんのりと暖かいですよ。
太陽が出ると、ダウン着たまま作業していては
汗ばむこともあるほどですよ!

鶏は寒いと思うと、みんなで日が差す辺に固まって
「おしくらまんじゅう」をしていますよ。

部屋に敷料としてそば殻を撒いていますが、
鶏糞などで汚れると湿って来るので、気温が下がると冷たく感じます。
それでは鶏も嫌だろうから、冬期間はそば殻は追加でこまめに撒いています。
床はそば殻と鶏糞で層になります。
これを春に鶏舎外に出し、混ぜ合わせて発酵させると
質の良い鶏糞堆肥の出来上がり!
これをミニトマト栽培に利用しています。
夏にひでぶミニトマトを鶏が食べ、
その鶏糞堆肥でミニトマトが育つ、という
農場内循環が確立しましたよ。
鶏の餌自体にへんなものが混じっていないし、
無投薬で育てているので鶏糞もクリーンだと思います。
いや、素手で触れるかどうかは別として…。
そ、そういうクリーンでは…

冬期間の作業としては
うちはビニールハウスを改造して鶏舎にしているのですが、
ハウス(鶏舎)内が鶏の体温で暖められると
天井の雪が滑り落ちるので、雪下ろしの必要はないのです。
後は積雪でハウスが横から潰れないように、
ハウス横の除雪をしています。
ハウスの横を開けてたまに空気の入れ替えもしてあげないと
というのもありますし。
なので雪が降り続くと除雪作業に追われ、
キリストが干からびていくのです。

キリストの干せ具合は忙しさのバロメーターなのです。

  • 2011-12-09 07:40
  • ノーザンカーサン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vegemania.blog46.fc2.com/tb.php/250-e211127e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

If Winter comes, can Spring be far behind?

冬来たりなば春遠からじ。
この言葉を胸に、いよいよ始まった冬を乗り切ろうと思う。



先日(11/28、29) 神が与え給うた束の間の晴れ間を利用し、
ハウスの天井を全棟上げることが出来た。

DJ TATEには他のパートさん3人を仕切って4人チームで作業に当たって貰い、
キリストは単独でそれぞれ天井を剥がし上部にまとめるのだ。
男達の「本気」はこの作業を1.5日で完了させた。

20111129_04.jpg




最も気掛かりだった天井上げが完結したので、少し心に余裕が生まれたぞ。
ちょっと農地を見回って歩いてみたりする。





猫部屋ではラックと兄貴がくつろいでいる。
手前がラック。奥の太っちょが兄貴だ。
20111129_02.jpg




ラックはたまに猫部屋の上にいたりする。
20111117_2.jpg




気持ちよさげなラック。
20111118_01.jpg




ガッツがガン見。狩猟本能が騒ぐらしい。
20111118_02.jpg




ラック~。と呼ぶと近づいて来て手を舐めたりする。
20111118_04.jpg




犬ガン見。
20111118_03.jpg


猫は部屋に居座るし、雀も越冬のために育苗ハウスに入ってくるし、
ネズミはちょろちょろするし、その度に犬は右往左往で、大忙しなのだ。





11月半ばにやって来たNEW鶏。
慣れない環境にちょっと戸惑っていたようだが、
最近ではここでの生活のペースが出来上がってきたようだ。

今回、尾羽が黒い雄鶏が入って来たが、ちょっとかっこいいのだ。
来たばかりの頃の雄鶏は鶏冠も小さく、体も雌鶏と差はあまりないのだが
20111129_07.jpg




こんなに男らしく成長したぞ。
20111129_06.jpg




角度によっては尾羽が緑色を含んだ黒に輝くのだ。
なかなかに凛々しい。
20111129_05.jpg









コメント

[C698] 冬支度なんだね!

すごいなぁ。
ビニールハウスの冬支度って、そんな風にするんだね。
初めて知ったわ。
体力勝負の仕事ですな!
やり終えた後のすがすがしさが、ちょっとうらやましいです。

ラック兄弟もぬくぬくと冬が越せそうですねぇ。
ところで、鶏って冬眠しないよね?!
やっぱり、鶏小屋はぬくめるの?
息子と二人で「こうじゃない?」「あーじゃない?」と話しておりますル。
ちなみに息子は「のーざんのーざんさんのブログ見せてよ!」
「カーサンノーザンさんのブログ見せてよ!」
「ん?」といじわるすると「同志んとこのブログだわ!」と怒ります(笑)
いつになったら「ノーザンノーサンさん」「ノーザンカーサンさん」といえるようになるんでしょ?(笑)
  • 2011-12-06 09:13
  • 木や
  • URL
  • 編集

[C699] 同志へ(^^♪

> 木やさん

いつもコメントをありがとう餃子います!
今回は同志へのレスですよ。
お伝えくだされ!ヽ(*´∀`)ノ

↓↓↓

同志よ、こんにちは。
カーサンノーザンですwww

鶏舎は特に暖めないのですよ。
ですが、鶏の体温でほんのりと暖かいですよ。
太陽が出ると、ダウン着たまま作業していては
汗ばむこともあるほどですよ!

鶏は寒いと思うと、みんなで日が差す辺に固まって
「おしくらまんじゅう」をしていますよ。

部屋に敷料としてそば殻を撒いていますが、
鶏糞などで汚れると湿って来るので、気温が下がると冷たく感じます。
それでは鶏も嫌だろうから、冬期間はそば殻は追加でこまめに撒いています。
床はそば殻と鶏糞で層になります。
これを春に鶏舎外に出し、混ぜ合わせて発酵させると
質の良い鶏糞堆肥の出来上がり!
これをミニトマト栽培に利用しています。
夏にひでぶミニトマトを鶏が食べ、
その鶏糞堆肥でミニトマトが育つ、という
農場内循環が確立しましたよ。
鶏の餌自体にへんなものが混じっていないし、
無投薬で育てているので鶏糞もクリーンだと思います。
いや、素手で触れるかどうかは別として…。
そ、そういうクリーンでは…

冬期間の作業としては
うちはビニールハウスを改造して鶏舎にしているのですが、
ハウス(鶏舎)内が鶏の体温で暖められると
天井の雪が滑り落ちるので、雪下ろしの必要はないのです。
後は積雪でハウスが横から潰れないように、
ハウス横の除雪をしています。
ハウスの横を開けてたまに空気の入れ替えもしてあげないと
というのもありますし。
なので雪が降り続くと除雪作業に追われ、
キリストが干からびていくのです。

キリストの干せ具合は忙しさのバロメーターなのです。

  • 2011-12-09 07:40
  • ノーザンカーサン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vegemania.blog46.fc2.com/tb.php/250-e211127e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

こんな私ですが。

ノーザンカーサン

Author:ノーザンカーサン
イチローが大リーグに行くとほぼ同時に北海道石狩市で新規就農したキリスト(旦那)と共に、悪戦苦闘してきました。イチローがヤンキースに移籍すると時を同じく平飼い・有精卵「イコロラン」の生産を始め、農地で鶏の世話をしております。ここまでイチローイチロー言ってますが、ファンという訳ではありません。
   

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

クリック募金

ありがたいアクセス

MAMBOな記事

カテゴリ

CATEGORIES

月別アーカイブ

    MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。