Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C690]

いやー、笑わせてもらったわwwwそのまんまじゃん!社長。。。
膝下がなくなっているのはもしや穴があいてるとこだったから?

さっそく明日、家族の皆に見せないと💦先生、気が利くぅ👍私にも社長が穿いたの見せて欲しい。。。
  • 2011-11-22 23:16
  • なずな
  • URL
  • 編集

[C691] Rain Bringer

想像力豊かですばらしいと思います。

モモヒキがステキな作品に仕上がりましたねぇ~
劇的ビフォーアフターですよ!

自ら着れる作品も
なかなか無いと思いますよ~

社長すごいなぁ~
  • 2011-11-23 06:17
  • いいですねぇ
  • URL
  • 編集

[C692] インパクト大!ですな

いいねぇ。
こういう作品大好きだ!!
片足だけ短くしたのは…うちの息子だったら考えられるのは「時間調整」(笑)
他の人よりもあまりに早く出来上がってしまったため何かしなくては…という図が浮かびます。
あくまで、我が家の息子の場合ですぞ(笑)

  • 2011-11-23 11:04
  • 木や
  • URL
  • 編集

[C693]

他の子と全く発想が違うところが、
社長のいいところですよね~。
子どもってほんと面白い!
一生懸命やる子どもは、大好き(=´∇`=)
  • 2011-11-24 06:34
  • でっちゃん
  • URL
  • 編集

[C694] いいでしょう(^^♪

> なずなさん

穴が開いている箇所は股間だけなのだ。
クラスの男子が群がって股間の穴を笑うので、
「おまえら、これは男の勲章なんだぞ!?」と
教えてやったwww

だが、そうなると
「突っ張ることが男のたった一つの勲章だって
この胸に信じて生きてきた」奴らに、
別の勲章もありますよ、と教えてやる必要が
出てくるな。
  • 2011-11-25 08:01
  • ノーザンカーサン
  • URL
  • 編集

[C695] > Rain Bringerさん

いつも暖かなコメントをありがとうございます!

なんてことでしょう!<ビフォーアフター
確かにウェアラブルな作品は社長だけでした。
匠の仕事、と言って良いかもしれません。
  • 2011-11-25 08:03
  • ノーザンカーサン
  • URL
  • 編集

[C696] 社長に訊いてみた

> 木やさん

片足短い理由。

本当は違うものを作るつもりで
そのために片足の膝下を切ったのだが、
それが失敗したため、急遽路線を変更
「でっかいくん」の誕生となった。らしい。

苦肉の策の「でっかいくん」。

人は追い詰められると普段とは違う
信じられない力を発揮するという。
これがその一例と言っていいだろう。
  • 2011-11-25 08:06
  • ノーザンカーサン
  • URL
  • 編集

[C697] どうしてこうなった

> でっちゃん

発想が違って面白いんだが、
どうしてしうなるのか、全くもって判らんのだ。
担任の先生も評価しずらくて困っているだろう。

しかし、廊下に貼り出されるって分かっていたら
ももひきを持って行く事を止めたんだが。
悔やみつつも、「おいしいな」という思いも禁じ得ない。
  • 2011-11-25 08:09
  • ノーザンカーサン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vegemania.blog46.fc2.com/tb.php/251-e22728b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

社長の創作意欲が熱い~学校の授業の工作までも~

ある日社長が
「学校の工作で使うから要らない布を頂戴。」
と言ったのだ。
判ったよ、と生返事をしたまま
要らない布の準備もせずにいたのだが、
工作の授業のある当日、
「今日、工作あるから要らない布を貰うよ。これ、持ってっていい?」
と社長が手に取ったのは、
擦り切れて穴が開いたキリストのももひきだった。

そんなんでいいの?と、持たせてしまったのだが、
随分後になって、そう言えばあれは、
「恥ずかしいからそれはおよし」
と止めるべきではなかったか、と思い至った。

そこで社長に
ももひきを持っていった事をクラスで笑われなかったか
と訊いてみると、
一人にだけ「それはモモヒキ?」と訊かれ、そうだと答えた、
それだけだ、との事だったので、
それ以上私も気に止めていなかった。





今日は社長の学年の授業参観日であった。
社長が無邪気に「来てね!」と言うので
私も無邪気に「ああ、行くとも!」と答えていた。

学校に行き、授業参観も終わり、次は懇談会か、と思っていた所、
「ちょっと!宝篤の工作、見た??」と廊下から
社長のご学友のお母さん達に声を掛けられた。

工作?ああ、見てなかったわ・‥。
え?工作??なんの???

と思って、慌てて廊下に出てみると




「ぬのから うまれた」
というタイトルと作品イメージ、そして作品が並べて展示されていた。
みんな可愛い人形のようなモノを作っている。
おお、上手だなあと思って見ていると、
なにやら異質な作品イメージ図を発見。(写真右上)






















「でっかいくん」www
20111122_04.jpg
こんな工夫をするよ:
  ベロがのびるようにする
  ひっくりかえしてもかおになるようにする

必要な道具:
  モモヒキ
  ガムテープ








「でっかいくん」実物
写真撮影にはご学友が手伝ってくれたwww
20111122_06.jpg
片足だけ短くしたのはなぜだろう。
そして、股間から伸びたベロはウエスト部のゴムを切ったものらしく。
ゴム部だから伸びるということか。







顔アップ。
20111122_07.jpg
麻呂の眉毛のような部分は、ひっくり返した時の目になるらしい。
しかし、よりによって肌色のももひきを持って行っていたとは。







ひとしきり笑った後、教室に戻ると
担任の先生が笑顔でこう言った。


「その作品を、宝篤が履いている写真も
撮ってあります!」








先生、GJ☆
それ、データで下さい。










コメント

[C690]

いやー、笑わせてもらったわwwwそのまんまじゃん!社長。。。
膝下がなくなっているのはもしや穴があいてるとこだったから?

さっそく明日、家族の皆に見せないと💦先生、気が利くぅ👍私にも社長が穿いたの見せて欲しい。。。
  • 2011-11-22 23:16
  • なずな
  • URL
  • 編集

[C691] Rain Bringer

想像力豊かですばらしいと思います。

モモヒキがステキな作品に仕上がりましたねぇ~
劇的ビフォーアフターですよ!

自ら着れる作品も
なかなか無いと思いますよ~

社長すごいなぁ~
  • 2011-11-23 06:17
  • いいですねぇ
  • URL
  • 編集

[C692] インパクト大!ですな

いいねぇ。
こういう作品大好きだ!!
片足だけ短くしたのは…うちの息子だったら考えられるのは「時間調整」(笑)
他の人よりもあまりに早く出来上がってしまったため何かしなくては…という図が浮かびます。
あくまで、我が家の息子の場合ですぞ(笑)

  • 2011-11-23 11:04
  • 木や
  • URL
  • 編集

[C693]

他の子と全く発想が違うところが、
社長のいいところですよね~。
子どもってほんと面白い!
一生懸命やる子どもは、大好き(=´∇`=)
  • 2011-11-24 06:34
  • でっちゃん
  • URL
  • 編集

[C694] いいでしょう(^^♪

> なずなさん

穴が開いている箇所は股間だけなのだ。
クラスの男子が群がって股間の穴を笑うので、
「おまえら、これは男の勲章なんだぞ!?」と
教えてやったwww

だが、そうなると
「突っ張ることが男のたった一つの勲章だって
この胸に信じて生きてきた」奴らに、
別の勲章もありますよ、と教えてやる必要が
出てくるな。
  • 2011-11-25 08:01
  • ノーザンカーサン
  • URL
  • 編集

[C695] > Rain Bringerさん

いつも暖かなコメントをありがとうございます!

なんてことでしょう!<ビフォーアフター
確かにウェアラブルな作品は社長だけでした。
匠の仕事、と言って良いかもしれません。
  • 2011-11-25 08:03
  • ノーザンカーサン
  • URL
  • 編集

[C696] 社長に訊いてみた

> 木やさん

片足短い理由。

本当は違うものを作るつもりで
そのために片足の膝下を切ったのだが、
それが失敗したため、急遽路線を変更
「でっかいくん」の誕生となった。らしい。

苦肉の策の「でっかいくん」。

人は追い詰められると普段とは違う
信じられない力を発揮するという。
これがその一例と言っていいだろう。
  • 2011-11-25 08:06
  • ノーザンカーサン
  • URL
  • 編集

[C697] どうしてこうなった

> でっちゃん

発想が違って面白いんだが、
どうしてしうなるのか、全くもって判らんのだ。
担任の先生も評価しずらくて困っているだろう。

しかし、廊下に貼り出されるって分かっていたら
ももひきを持って行く事を止めたんだが。
悔やみつつも、「おいしいな」という思いも禁じ得ない。
  • 2011-11-25 08:09
  • ノーザンカーサン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vegemania.blog46.fc2.com/tb.php/251-e22728b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

こんな私ですが。

ノーザンカーサン

Author:ノーザンカーサン
イチローが大リーグに行くとほぼ同時に北海道石狩市で新規就農したキリスト(旦那)と共に、悪戦苦闘してきました。イチローがヤンキースに移籍すると時を同じく平飼い・有精卵「イコロラン」の生産を始め、農地で鶏の世話をしております。ここまでイチローイチロー言ってますが、ファンという訳ではありません。
   

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

クリック募金

ありがたいアクセス

MAMBOな記事

カテゴリ

CATEGORIES

月別アーカイブ

    MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。