Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vegemania.blog46.fc2.com/tb.php/70-60fe80ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カーサンの勝手に映画日記・第2弾~「ホームワーク」

20100201_1.jpg
社長が宿題をしている。
机が初めて本来の使われ方をした。

ごちゃごちゃで散らかり放題の社長の部屋(つーか、社長のスペース)だったが、
「これではいかん!」とカーサンがぶちきれたのだ。
「もうすぐ3年生になるんだから、部屋の整理整頓ぐらいは出来なくちゃいかん」と
社長を焚き付け
「4年生になったらベッドも持ち込んで、ここは完全に君の部屋になる事だろう」と
更に魅力的な提案をし、社長をうっとりさせた。
その上で片付けを強行し、やっと机の上が現われたのだ。

社長は片付いた部屋が嬉しくて、自分の机上で宿題をやるようになった、という訳だ。




それにしても、毎日プリント2枚ぐらいの宿題を持ち帰ってくる。
自分が小学2年生の時って、こんなに宿題あったかな?
更に社長のご学友の中には習い事や公文に通う子が多数。
小学生も忙しいねえ。

社長は月に2回程度「理科探求クラブ」に通っているが、その他は何もせず。
私も敢えて塾とか通わんでもいんじゃね?派なので放っといているが、
社長自身はどうなんだろう?と思いたまに訊いてみる。

「通いたい?」
「いいや」
「いいかい?」
「いいさ」
「いいよね?」
「いいよ」
「いいんだよ?」
「グリーンだよ!」

20100206_1.jpg

かくして、社長のノルマは学校から出される毎日の宿題のみ。
お風呂に入る前に、オリジナル拳法が披露されるようなぬるい日々。



前置きが長くなったが、小学生の生活が生き生きと語られている素晴らしい映画がある。
それは
「ホームワーク」(1989/イラン)
20100206_2.jpg

アッバス・キアロスタミ監督の作品だ。

とある小学校にキアロスタミ監督が出向いて、
小学生に「宿題はやって来た?」「どうして宿題をやらなかったの?」とインタビューする
ただそれだけの映画なのだが、これがもう、カーサンの心を鷲掴みして離さない名作なのだ。

なにしろ、社長みたいな子がたくさん出てくる。
社長は中東系の顔つきをしているからな。

社長がこの小学校に紛れ込み、一緒にインタビューを受けても
全く違和感を感じず、社長が紛れていた事に誰も気付かないんじゃないだろうか。

もしも興味を持たれた方がいて、更に続きを読んでいただけるなら
こちらをご覧下され。


舞台はイランのとある小学校。
朝の登校の場面から映画は始まっている。
「後で学校に行くからね」と声を掛けるキアロスタミに
嬉しそうに挨拶をする小学生たち。

「宿題はやって来た?」「どうしてやらなかったの?」と
キアロスタミのインタビューが始まった。
カメラの前に1人1人呼び出された子供たちが質問に答えるのだが、
その話のなかでイランの小学生の毎日が浮き彫りになってくる。

宿題をしてこなかった理由はさまざまだが、
「家の手伝いが忙しくて出来なかった」
「親が文盲で宿題をみて貰えない」
「大人の言う事をきかないとベルトでぶたれる」
などなど、びっくりするような話が飛び出てくる。

家の手伝いと宿題の多さ、出来なければ厳しい体罰。とにかく詰め込み、押し付ける教育。
今の日本はぬるいのかもしれないが、にしても厳しいなあ、イランの子どもの生活は。
イランの子はみんな社長に見えるので、ココロが痛くなることもしばしば。
それでもテレビを見た、とかいう話はちょっと可愛かったり。
001p.jpg

キアロスタミがサスガだなあと思うのは、
合間合間にキアロスタミのシルエットやカメラのレンズなどが暗いトーンで
差し挟まれること。これは威圧的な「イランの大人」の象徴なのかな?と思わされるところだ。
インタビューの間に全校集会の様子が映し出されるが、さっきインタビューに答えていた子がいると
「さっきの子だ!」とちょっとした知り合いの気分になるから不思議だ。

こんな重圧に押しつぶされそうになりながら暮らしている子供たち。
しかし、ラストに素晴らしい奇跡が用意されている。
このラストは圧巻!
ネタバレありのこの記事だが、ラストだけはやはり実際にご覧頂いた方が
より心に食い込みます。
是非!
とくとご覧あれ!

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vegemania.blog46.fc2.com/tb.php/70-60fe80ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

こんな私ですが。

ノーザンカーサン

Author:ノーザンカーサン
イチローが大リーグに行くとほぼ同時に北海道石狩市で新規就農したキリスト(旦那)と共に、悪戦苦闘してきました。イチローがヤンキースに移籍すると時を同じく平飼い・有精卵「イコロラン」の生産を始め、農地で鶏の世話をしております。ここまでイチローイチロー言ってますが、ファンという訳ではありません。
   

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

クリック募金

ありがたいアクセス

MAMBOな記事

カテゴリ

CATEGORIES

月別アーカイブ

    MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。